60代から始めるオールインワンジェル人気ランキング!

 

60代のほうれい線

 

「もう60代だし、お肌のケアをしても意味がないかな・・・」

 

いえいえ!
60代でもスキンケアを欠かさなければ、まだまだこれからです!

 

今回は60代女性に多いお悩みである

 

  • シミ
  • シワ
  • ハリ

 

を中心におすすめのオールインワンジェルをランキング形式でご紹介します。

 

ホワイトニングリフトケアジェル・シミウス

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:3,795円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

シミウスはシミ対策や美白向けのオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”マッサージ用”で、他社の商品にはない強みです。

 

デメリットは?

 

マッサージとか面倒・・・という人には向かないです(汗)

 

 

【シミウス 公式サイト】
→https://cp.mebiusseiyaku.co.jp/

 

メディプラスゲル

 

メディプラスゲル毛穴

 

  • 返金保証:30日間全額返金保証
  • 内容量:180g※約60日
  • 定期購入:2,996円

 

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

 

販売本数600万本以上、モンドセレクション3年連続金賞のメディプラスゲル。

 

低価格&たった1本でガサガサから潤う毎日へ!

 

【メディプラスジェル 公式サイト】
https://mediplus-orders.jp

 

 

エミーノボーテ モイスチャーリッチクリーム

 

エミーノボーテ

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:50g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

エミーノボーテ モイスチャーリッチクリームは目元や口元の”ハリ”や小じわやクスミが気になる方にピッタリ!

 

デメリットは?

 

返金保証がない点。

 

また、ポンプ式でない点(※好みの問題ですが・・・)
です。

 

【公式】
→https://www.sukoyaka-egao.jp/

 

フィトリフト

 

フィトリフト

 

  • 返金保証:10日以内あり
  • 内容量:50g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

わずか10秒でピーン!というキャッチコピーで有名なフィトリフト。

 

ピーン!という言葉にピンと来た(汗)方におすすめです。

 

デメリットは?

 

初回は安いが、2回目〜はやや高い

 

※送料含め、税込みで5000円を超えてしまう

 

 

【公式】
→http://www.phytolift.jp/

 

 

ピュアメイジング

 

シミ訴求LP

 

 

  • 返金保証:30日間全額保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

ピュアメイジングはニキビ&シミが気になるあなたに最適なオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”1つで12役(※業界最多)”で、他社の商品にはない強みです。

 

デメリットは?

 

特にありませんが、ややべたつく!と感じる人もいるようです。
※私はそうは思いませんが・・・(汗)

 

 

【ピュアメイジング 公式サイト】
">→http://puremazing.jp/

 

 

美容のQ&A

 

お肌の調子が気になる人

 

顔にしわ・しみができる原因は?

 

顔にしわやしみができる原因は、年齢によるコラーゲンやエラスチンやセラミドやヒアルロン酸の減少でうるおいやハリや弾力を保つことができなくなる、

 

角質のバリア機能の低下によりターンオーバーの乱れや肌細胞の再生の遅れが生じて油分や水分のバランスが悪い不健康な肌環境に陥ってしまう、

 

生活習慣の乱れなどで代謝や血行が悪くなる、活性酸素が増加して酸化してしまうなどがあります。

 

心当たりがあるという人も多いのではないでしょうか。
コラーゲンやエラスチンやセラミドやヒアルロン酸の減少が原因の場合は、サプリメントで補うのが効果的です。

 

角質のバリア機能を高めるためには保湿ケアを徹底して肌環境を健やかに保つことが大切です。代謝アップや血行促進のためには栄養バランスのとれた食事や適度な運動や良質な睡眠などを心がけて体の内側からアプローチする必要があります。

 

活性酸素を除去するためには抗酸化作用が強いビタミンCやビタミンEやコエンザイムQ10やアスタキサンチンやαリポ酸などの成分を食品やサプリから積極的に摂取するのが効果的です。

 

これらの対策を講じることで健やかな肌環境に導くことができれば、ハリや弾力やうるおいがアップしてしわを改善させることができますし、メラニンの色素沈着が起こりにくくなりしみも予防することができます。

 

ほうれい線ができる原因は?

 

ほうれい線は、鼻の両側から口元に向かいのびている線のことです。実は人間の顔にはもともとほうれいせんは存在しています。ただ、加齢とともに目立ってしまうということになります。

 

加齢とともに目立つ原因として考えられることについては、一つには毎日のお手入れ不足が考えられます。

 

スキンケアがしっかりしていなかったり、あるいはスキンケアを怠っていたりすることによって肌の中の水分量が失われてしまってほうれい線を目立させてしまうことにつながります。

 

いちどできてしまったほうれい線は、なかなかすぐには消してしまうことは難しいです。しかし、保湿をしっかりと心がけてスキンケアをすることによって少しずつ目立たせなくすることについては可能です。

 

深いほうれい線の場合においては、保湿だけではなく加齢とともに肌の弾力が失われて頬の皮膚がたるんでしまうことによって起こります。

 

そうなるとなかなか深いほうれい線を消してしまうことについては難しいです。

 

これ以上進行させないようにすることについてはできますが、そのためにはコラーゲンの生成を促す目的で食生活の改善や質のよい睡眠を実践する必要があります。

 

ほかに、改善を目指す方法として表情筋を鍛えるためにリンパマッサージを行ったり、ヒアルロン酸などを注入する方法などが適しています。

 

乾燥肌になる原因は?

乾燥肌はその名の通り、肌が乾燥している状態ですが、ではその原因は何なのでしょうか。

 

まず肌は秋冬のような乾燥している時期になると自然に乾燥し、夏のように湿気の多い時期では肌の乾燥を感じることは少ないため、
乾燥肌であることは季節性のものであると考える人もいるかもしれません。

 

確かに一理ありますが、原因は季節性だけでなく、正しい肌ケアをしていないことにもあります。

 

正しい肌ケアとして保湿性の高い化粧水を使用した後に乳液やクリームの使用が大切になりますが、中にはべとつくのが嫌だから、という理由で化粧水や美容液を使用しても乳液やクリームを使用しない、という人もいるかもしれません。

 

しかし乳液やクリームは肌に油膜を張ることで化粧水の保湿成分や美容液の美容成分を肌に閉じ込め、肌に浸透しやすい状態を作ることにあるため、
仕上げに乳液やクリームを使用することは大切なのです。

 

また秋冬の乾燥肌の原因として夏の肌ケアを怠った、ということも挙げられます。

 

肌は約30日間ほどでターンオーバーを繰り返し、古い肌を捨て新しい肌を作り出しますが、
乾燥肌ではこの働きが鈍ります。つまり秋から乾燥肌に悩む場合は、夏の肌ケアが十分ではなかった可能性があるのです。

 

夏であればサッパリタイプの乳液などを使用し、強い紫外線を浴びやすい夏だからこそ適切な肌ケアを怠らない必要があります。

 

基礎化粧品Q&A

 

オールインワン化粧品のメリット・デメリットとは?

 

オールインワン化粧品は、化粧水・乳液・ナイトクリーム・パック・美容液などが一つになって使いがっての良い基礎化粧品です。

 

たくさんの化粧品を購入する必要もないし、時間もかからないという大きなメリットがあります。
種類もたくさん出ているので、自分に合ったものもとことん試せるのも魅力です。

 

 

ですが、便利なものにもデメリットはあります。

 

確かに便利で使い勝手がよいのですが、朝のケアには向いていないものが多いです。
例えば、洗顔後にオールインワン化粧品でケアをした後、メイクをするとします。

 

そうすると、化粧下地を塗ったり、リキッドファンデを塗ったりする際に、先程塗布した化粧品がボロボロと固形物になって肌から出てきてしまうのです。

 

せっかく塗ったものも台無しです。

 

中にはモロモロが出てこないように工夫されたものもたくさんありますが、基本的には夜のケアのみに留めるなどして対策をしましょう。

 

どうしても朝使用する場合は、少し時間をおいてからメイクをするとモロモロが出てこないようになります。

 

保湿力が高いものになればなるほど、出やすい傾向にあるので、自分に合った時間帯での使用と容量でお使いいただくことを強くおすすめします。

 

美容液の役割を解説します

 

美容液とは基礎化粧品の一つで、濃縮した保湿成分や美容成分が配合された化粧品のことです。

 

一日中、肌を乾燥などから防ぎ健やかに保つため、スキンケアの重要なアイテムといえます。美容液の大切な役割は、肌の水分を保ちつつ配合されている成分を、肌の奥、角質層まで届けることといえます。

 

化粧水や乳液の他に、肌の悩みやトラブルの原因や保湿等の目的に合わせて美容液を補足することで、効率的に肌のお手入れができるようにしたものです。

 

化粧水や乳液、クリームといった基礎化粧品との違いが分かりにくいですが、化粧水は肌に水分を与え、乳液やクリームは肌の水分の蒸発を防ぐといった役割があります。

 

一方、美容液は化粧水等で肌に与えた水分を維持するという役割になります。美容液の種類にも数種類あり、目的に応じて選びます。

 

例えば、とにかく肌の乾燥が気になる人、または特に悩みはないという人には保湿。日焼けによるシミ、ソバカス等に悩む人は美白。

 

また年齢を重ねた肌のシミやシワなどのエイジングケアにはエイジングケア美容液があります。美白やエイジングケアの商品は、配合されている成分や表記に差があるため、購入する際によく確認する必要があります。

 

乳液の役割

スキンケアのステップアップとして化粧水の後に乳液を使用するのが一般的になっています。

 

近年では化粧水に美容液が含まれているタイプや保湿効果の高いヒアルロン酸が配合された、
しっとりタイプも増えており、乳液を使用しない方も中には居ます。そんな乳液の役割として重要なのが肌を保護することです。

 

化粧水は水分量が多く含まれており、使用することで肌に潤いを与えます。

 

ただし水分は蒸発してしまうため、
化粧水の効果が減少してしまいます。化粧水の成分を失わない役割を持つのが乳液であり、乳液には水分と油分が含まれているので肌バランスを整える効果があります。

 

肌に皮膜を作ることで美容効果や保湿効果、肌の奥への浸透を促す効果が期待できます。

 

効果を更に高める使用方法としては、化粧水が浸透した後に乳液を手のひらで温めてから肌に付けることがポイントです。温めることで肌に馴染みやすくなり乾燥防止に繋がるでしょう。

 

人によって肌質は異なるため、乳液を付け過ぎてしまうと油分が肌に多くなってしまう場合があります。

 

若い女性であれば特にTゾーンと呼ばれる額や鼻はテカりの原因にもなり得るため、気になる場合には普段より使用する量を減らして様子を見ましょう。"